★--★

花風 舞の自己紹介

 サイトネーム
(花風舞記)

  • “花風舞記”と、書いて“はなふぶき”と称

    可憐な花達が四季の風に舞う姿をイメージして作ったオリジナルサイト名称です。

  • トップページ「花の妖精イラスト」について

    ホームページのトップページと更新履歴ページを飾るイラストは、花の種類と花のイメージと併せて妖精の特徴・条件に「アンの小箱」のアンさんへ特注でお願いした花風舞記オリジナルの「花の妖精イラスト」です。 今後も機会を見て新たな花の妖精を制作予定です。

  • 新ドメインで運用開始について

    2016年7月18日から新しく取得したドメインで運用を開始しました。
    (新URL:http://hana-fubuki.o.oo7.jp/)

 公開ブログ
   
  花風舞記アドバンスブログ
  • 趣味の園芸(ガーデニング)関係を中心に地域の出来事等、舞の戯言をアップしています☆
                                      

Facebook

Twitter


  • 興味がないため開設していません。今後開設する予定もありません。

ハンドル
ネーム
(花風 舞)


  • サイト名“花風舞記”を少しもじって「花風 舞(はなかぜ まい)」と命名。
生まれた月
  • 卯月
    お祝いは年中受け付けています(たまご月ではありません・・うづきです)。

舞たんの趣味と趣味の取得資格、その他
  • 園芸

    種類は少ないのですが山野草を育てています。 
    本来ならば山野草関係はそれらが育つ環境状態に近いことが理想です。
    が・・、私の場合、マンションベランダの一角。真夏は炎天下にさらされる厳しい場所です。

    花たちにとっては劣悪な環境ですが、細かい気配りで四季折々の花を咲かせてくれます。

    育てた花を記録に残すためデジカメが欲しくなり入手・・。
    当初、コンパクトディジタルカメラで満足していましたが、本格的な花の撮影にはやはりディジタル一眼レフが必要。
    入門クラスのディジタル一眼レフからスタートし、現在に至ります。究極のディジタルカメラはフルサイズの一眼レフですが、ちと、予算オーバー状態なのでそのうち入手したいと思います。花の撮影なら欠かせないのがマクロレンズ。それら撮影機材も少しづつ揃え始めました♪

  • パソコンをいじり倒すことだったりして・・♪

    <パソコンの仕組み・操作のスキルアップ遍歴>


    1990年初頭、 パソコンにはあまり興味がなかったのですが、使ってみると奥が深く面白いことがわかり、失敗を重ねながらあれこれ覚えました。

    特にパソコンの基礎であるMS-DOSは必須スキルで、基本原理だけそこそこお勉強。Windows
    3.0〜Windows 3.1のバージョンの頃からパソコンに触れる機会が多くなり、Windows 95のときに初めて個人で購入。 以降、バージョンが変わるたびに次々に乗り換えて現在のWindows 7に至ります。(Windows 8はユーザーを無視した機能であるため使ってみる気にもなりませんっ!)

    余談になりますが、1995年くらい??、知人からの紹介でヒューレットパッカード社の名器と言われるパソコン“HP200LX”を購入。クロック周波数5MHezそこそこで動くCPUのため非力でしたが、当時、単3電池2本で動きポケットに入る大きさでレジューム機能が完璧で即時起動・即時終了が利くなど操作性が大変素晴らしかった。しかし、もっと快適に動作させるためパソコンの中身を分解し、プリント基板上の電子回路部品を改造・交換したりしてこれに思いっきりハマりました(笑)


    <パソコン通信の時代>

    パソコンを個人で使い始めたころ、現在のインターネットの走りであるパソコン通信の時代がありました。

    当時、ニフティサーブと契約。パソコン内蔵のFAX/ボイスモデムを使って最寄りのアクセスポイントに電話回線でダイヤルアップ接続するものでした。アナログモデム接続が全盛期を終えるころ高速通信のISDNがあり、それの契約をしたかったのですが、ちょっと高嶺の花だったので断念。ネット接続ソフトは“ニフターム”を使用し、ニフティサーブのネットワークの中にある趣味の仲間の某フォーラムに参加。ワイワイガヤガヤと文字通信で盛り上がり、年に数回、指定された場所に日本全国の仲間が集ういわゆる“オフ会”、つまり実際に逢ってリアル会議することですが、それに参加した経験があります☆ 

    オフ会は定期的に国内の幾つかの場所で行うためその場所まで行くのに列車を利用したり、仲間が用意した車に分乗して移動。基本的に泊まりがけの会議でした。パソコン通信上で会話している相手のハンドルネームと実際に逢った時のギャップの大きさに大笑いするなど、これが大変盛り上がり、楽しかった記憶が鮮明に残っています☆

    <画像編集の面白さを覚える>

    パソコンを使い始めた当初はWindows付属のペイントで楽しんでいましたがで〜んでん面白くない・・。

    アドビ社の入門クラス画像編集ソフト(フォトショップエレメンツ)で使い方をちょっとお勉強、その後プロフェッショナル用の画像編集ソフト(フォトショップとイラストレーター)を揃え、現在に至ります☆

    <ホームページ開設>

    インターネット時代が本格到来したときに感じたのが自分のホームページを持つことでした♪♪

    当時、ホームページの作り方がさ〜っぱり判らず、いろいろ調べたところ、IBM(現在、JUSTシステム)が発売していたホームページビルダーというソフトにたどり着きました。 このソフトを買う前にホームページの原理を事前お勉強していましたので、ホームページビルダーを使いこなすことに関しては特に困難なところはありませんでした。 ホームページビルダーを購入してから自分のホームページを開設させるのに2ヶ月そこそこだった記憶があります。その開設までの作業は殆ど夜中。会社から帰宅してからコツコツとホームページ作りでした。 ホームページを作るときの楽しさは簡単には言い表すことはできません(笑)

    ホームページは2002年2月10日に開設。せっかく開設したホームページ、記念として登録したいと思い、無理を承知でグーグルのディレクトリー(現在、ディレクトリー制度は既に廃止されています)、ヤフーのカテゴリーにそれぞれ正式登録手続きを行うことに・・。ヤフーは審査が厳しいこともあり承認に1年以上掛かりましたが無償で正式登録が完了しました。“花風舞記”だけの検索でトップに表示されます。

    <ブログ開設>

    ブログはホームページ開設後に着手。ブログは多くの予備知識がなくても誰でも簡単に開設できるのが特徴です☆

    その場合、レンタルサーバー会社に簡単な手続きを行い、あらかじめ用意されたデザインの中から選んで開設することができますが、用意されたデザインはいろんな人が使っていることが多く、残念ながらデザインそのものにどうしても個人の趣旨に合わない部分が多々ありました。

    そのため、舞たん的には世の中にない、自分だけのデザインにこだわったブログを作ることを念頭に、それに叶うレンタルサーバーを探索。 以前、若干オリジナリティーのあるデザインが可能なブログを楽天のレンタルサーバーで仮運用開始。しかし、制約事項等が多く、3年くらいで閉鎖。

    その後、完成度を少しでも上げたくて現在のgooに開設することにしました。
    当初無償版で開設しましたが、どうしてもデザインが気に入らず悩むことに・・。
    gooにはCSSをはじめHTMLを使いこなせる方のための、上級者向け有償版ブログが用意してあったのでそちらへ移行することにしました。CSSをはじめHTMLは独学で勉強し、2ケ月ちょっとで現在のスタイルのブログを開設することができました。

    ※参考情報:
    gooにある有償の上級者向けブログサイトについては、現在、CSSの詳細説明が削除されており、かなりのスキルを持った方でないと本格的なオリジナルブログサイトの開設は難しいでしょう。それはgoo上級者向けブログサイトにはgooオリジナルのCSSが存在するためです。舞たんは万一に備え、当時gooで規定されていたgooオリジナルCSS(セレクターやタグ等他)のデータ全部をハードコピー取っています。そのため、運用で不具合が生じても回復は簡単なのです♪


    舞たんのお部屋♪ 川崎の自宅バージョン の様子です☆ 
    2015年4月1日付けで職場の異動が発令され、転勤先の栃木から神奈川(自宅のある川崎市麻生区栗木台)へ帰還。
    それに伴い、ネット環境の見直し(ADSLからフレッツ光へ契約変更)を行いました。また、2台のパソコンを使い易いよう机の上のレイアウトを全面変更することに。市販のパソコンラックではレイアウトが実現できないため得意の自作で対応。完成したのが川崎の自宅バージョンの写真になります♪

  • アマチュア無線技士(2級)

    当時、空中線電力100W(現在は200Wに拡大)の運用をしたくて2級免許を取得。
    2級は電気理論、無線工学、電波法規等の筆記試験のほか、通信術として毎分45文字の欧文モールス送信および音響受信の実技試験に合格しなくてはなりませんでした。電気理論は学生時代に勉強したので特に難しいとは感じませんでした。無線工学、電波法規は学生時代に片手間で独学し、しっかりと頭の中に記憶していましたのでこれも全く心配なし。

    問題は電気通信術(モールス符号で送信と受信を行う)

    電気通信術の中の受信(欧文モールス音響受信)はとにかく聞きまくるしかないので、半年ほどウォークマンで音響受信の自己学習! 頭の中でモールス符号を欧文に変換させる、いわゆる暗記受信ができるようになればモールス対策は制覇したのも同然です。
    モールス送信は意外と簡単! 舞たんはほぼ1日で符号送信をマスターし、1週間くらいで自在に打てるようになりました。

    欧文モールス受信は多少時間を掛けて独学で習得。半年で毎分90文字までの欧文モールス符号の暗記受信が楽にできるようになったところで、当時、「
    国試」といいましたがそれにアタック! 意外と簡単に資格取得できました(当時の無線従事者免許証は郵政大臣が与えていた)。

    さらに、当時最も威厳のあった「1級」を取得したくトライしました。1級は欧文モールス以外に和文モールスがあり、これが最大の鬼門でした。予想通り和文モールス符号の音響受信がなかなかうまく覚えられずに資格取得を断念。

    現在の1級は電気通信術(実技試験)から和文モールスがなくなるなど、試験内容が大幅緩和されています。
    1級取得については筆記試験(学科試験)は特に気にしていない舞たん☆ 機会を見てアタックしたいと思いま〜す♪

  • ボランティア活動

    ・麻生区青少年指導員を約12年間担当していました☆
    (2010年2月から転勤のため運営団体から離れていますが、今でも仲間とコンタクトを取っており、時間があれば可能な限りオブザーバーとして、毎年イベントに参加・協力しています)

    ・町内会関連運営と、地元青年団補佐
    (2010年2月から転勤のため一時的に町会運営から離れていますが、毎年恒例のイベント運営に進んで協力しています)

    ・栗木御嶽神社の崇敬会氏子
    (2010年2月から転勤のため会から一時的に離れていますが、定例会等に毎年協力しています)

    ・栗木山王山特別緑地保全活動(川崎市麻生区)
    (会社と川崎市が事業協定を結んだボランティア活動です。活動内容は年に2回山林に分け入り、竹伐採・下草刈りを行いおよそ7年をかけて正常な緑地に戻していくものです。 私は2012年
    10月から活動に参加しています)


舞たんの趣味をサポートする御用達品(一例)

  • メイン デスクトップパソコン(Windows7 32bit)
    富士通:ESPRIMO DH700/BN (Core i7 -870)

  • サブ デスクトップパソコン(Windows7 64bit)
    DELL:Graphic Pro Inspiron 3847 プレミアム(Core i5-4460 )

  • 液晶モニター
    三菱:Diamondocrysta RDT231WM

  • ペンタブレット
    ワコム:CTE-640

  • スキャナー
    エプソン:GT-9300UF

  • 外付けHDD
    アイ・オー・データ:HDCA-U1.0CK
    アイ・オー・データ:HDCR-U1.0E
    バッファロー:HD-LS2.0TU2D

  • 外付けブルーレィドライブ
    バッファロー:BRXL-16U3

  • 画像編集関連
    アドビ:Illustrator CS2(32bit版をESPRIMO DH700/BNとGraphic Pro Inspiron 3847 プレミアムで使用)
    アドビ:Photoshop CS5(32bit版をESPRIMO DH700/BNで使用、64bit版をGraphic Pro Inspiron 3847 プレミアムで使用)
    アドビ:Photoshop Elements 12(Graphic Pro Inspiron 3847 プレミアムで使用)
    アドビ:Premiere Elements 12(Graphic Pro Inspiron 3847 プレミアムで使用)
    アドビ:Photoshop Elements 2.0(休眠)

  • ワード/エクセル
    マイクロソフト:オフィス パーソナル 2007(32bit版をESPRIMO DH700/BNとGraphic Pro Inspiron 3847 プレミアムで使用)

  • ホームページ編集
    IBM:ホームページ・ビルダー 12(ESPRIMO DH700/BNで使用)

  • ワイヤレス無線LAN関連
    バッファロー:Air Station G(WHR-G54S)
    バッファロー:Wi-Fiルーター WHR-1166DHP

  • ディジタル一眼レフレックスカメラ
    ニコン:D40X
    ニコン:D7000
        マイクロレンズ:Nikon AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
       マイクロレンズ:Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
      マイクロレンズ:Nikon AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

  • ミラーレスディジタル一眼カメラ
    ソニー:NEX-5D

  • コンパクトディジタルカメラ
    パナソニック:LUMIX DMC-FX07 他(1台休眠)
    キャノン:IXY DIGITAL 200(休眠)

  • 銀塩カメラ(35ミリフィルム一眼レフレックスカメラ)
    ペンタックス:ME super
    アサヒペンタックス:SV(休眠)

  • スピードライト(フラッシュ)
    ニコン:SB-700
        MAINBATT:Panasonic ハイエンドモデル エネループ プロ BK-4HCC/4
        予備BATT: Panasonic ハイエンドモデル 充電式エボルタ BK-3HLC/4B

  • レリーズ(リモートコード)
    ニコン:MC-DC2

  • 音響機器
    ボーズ:Wave Music System

  • ICレコーダー
    オリンパス:Voice-Trek V-62

  • ステレオマイクロフォン
    オーディオテクニカ:AT9901

このページのトップへ戻る

Homeへ
All Rights Reserved, Copyright Hanafubuki 2002-2016